作り方と手順のコツで大丈夫!

ジグソーパズルの初心者は、すごく時間が掛かるかな?完成する事ができるかな?と不安に思う人もいると思いますが大丈夫です。

 

ジグソーパズル選び方

 

そうなんです!手順とコツさえ解れば誰でも完成する事ができるのです。

 

では、まずはジグソーパズル初心者はどんなものを選べば良いの?で選び方は案内していますので、まずはどんなジグソーパズルがあるのかを見てみましょう!

 

ジグソークラブ

 

どうですか?作ってみたいと思ったジグソーパズルはありますか?

 

こんなジグソーパズルを作ってみたい!と思えるジグソーパズルが見つかると制作意欲が沸くからです。

 

作ってみたいと思う好きな絵柄を選んでみましょう。

作る場所が必要?

ジグソーパズルは1000ピース以上になってくると、意外と場所を取るものです。

 

なので、初めからジグソーパズルの作成スペースは取っておいた方がいいです。

 

完成した時の大きさはパネルの大きさですが、それ以外にバラバラのピースを置いておくスペースなどが必要となります。

 

まずは場所の確保をしましょう。

作り方の手順

好きなジグソーパズルを選びましたか?選んだらいよいよ作り始めます!

 

ジグソーパズルが家に届いたらすぐに箱を開けてみて、そして袋に入っているピースを出したくなりますね。

 

ではここからです。

 

まずは、袋からピースを箱などに出したら仕分けする事が大事な手順です。この始めに仕分ける事が大事なのです。

 

その仕分け方は、大きな箱やお皿などに同じ色合いのピースを分けていきます。

 

同時に、

 

@4つ角のピースを探す

 

ジグソーパズルは何ピースであっても、角は4つしかありません。

 

ジグソーパズル

 

これはすぐに見つかると思います。4面の内の2面が平らなピースで凸凹がないピースだからです。

 

更に同時に、

 

A端のピースを探す

 

更に、色分けをしながら端のピースも探していきます。端のピースは4面の内平らなのが1面のピースです。

 

ジグソーパズル

 

こんなピースです。

 

色分けする時に、ピースを箱などに分けていきます。それと同時に@とAの角と端のピースはパネルの上に置いていきます。

回り方作る!

B枠を完成させる

 

仕分けが終わると、パネルの上には角と端のピースがあるはずです。

 

まずは、このパネルの上に出ている枠となる周りのピースを繋いでいきます。

 

角と枠のピースは数が少ないので、簡単に作る事ができると思います。

色と線と輪郭

C線や輪郭などで分ける

 

絵柄によっては線がハッキリしているものや、目や顔などの輪郭が解るものはこの線から作ります。

 

背景より解りやすいので、ポイントとなる部分から作ります。大事な事は解るところからどんどん作る事です。

 

仮にAの場所とBの場所は解るけど、間の部分が解らないのであればこの間は後回しです。

 

D色をヒントにする

 

次に色の少ない部分も解りやすいポイントです。色が少ないところはこの少ない色の部分だけを作ってしまいます。

 

解りやすい部分がなければ、組み終わっている外の枠をヒントに色を探していきます。

 

仕分けしてあるので、1個解るとドンドン繋がります。

 

色分けしてある箱の中で解らなくなったら、別な箱から別な色の場所を探します。

 

★解る場所を組み立てる。そして別な解る場所からと組み立てていくと、解らなかった間のピースも自然と繋がってきます。

 

これで完成です。

のり付けまでして完成!

出来た〜と思ってもそれで完成ではありません。最後の仕上げとなるのり付けがあります。

 

こののり付けをしないと完成とはなりません。

 

普通のジグソーパズルの中には、のりと刷毛かスポンジが一緒に入っています。

 

ただ、この付属ののりは量が少ないです。最後の最後にのりが足りなくて残念な結果になると悲しいので、のりくらいは別に用意しておくと良いです。

 

⇒専用のり!

 

200円300円くらいの安いものです。

 

仕上げの段階でのりが足りないと泣くに泣けませんので!

 

備えあれば!です。

のり付けのポイント

ポイント@
のりは表に塗ります。

 

のりを裏に塗ると思っている人がいますが、塗るのは表面です。

 

ポイントA
のりはケチらずに塗ります。

 

のりはピースとピースの間にしみ込んで固まります。なので変にケチらないでたっぷりと塗ります。

 

それによって光沢もでるのです。

 

ポイントB
塗る方向は外から内側に向かって塗ります。

 

ここ大事!

 

内から外に向かって塗ると、ピースとピースの間に隙間ができてしまいます。

 

せっかくキレイに出来たのに、隙間があったら変になります。なので、のりは外から内に向かって塗りましょう。

 

ポイントC
慌てず焦らずに乾かす!

 

のりを塗ったらいよいよ完成!なので、やった〜と終わりにしたくなります。

 

しかし、ここはじっくりと1日は乾かします。しっかりと乾いたら、後はパネルに入れるだけです。

完成したら飾ろう!

一日乾かしてパネルに入れたら、いよいよ完成です。

 

どうですか?完成した時ってすごく達成感がないですか?ここが良いですよね。

 

そのやっと作ったジグソーパズルを最後は部屋のインテリアとして飾ってみましょう。

 

部屋の雰囲気も変わるのではないですか?

 

これで完成です。

 

そんなに難しくはないですが、初心者は300ピースくらいでチャレンジするのが良いですよ。